キャバ嬢でもキャシング可能? バラの画像

審査の内容は?

キャッシングはお金を貸してくれるサービスゆえに、
当然のことながら、審査があります。
大金を貸しても返済してもらえなければ、
貸した側の損になってしまうので、
素性の知れない人には誰もお金を貸したりはしませんよね。

個人情報を調べて、この人ならきちんと返済してくれる、
という確信を得られてからでないと、
キャッシングサービスは受けることができません。

そのために「審査」があります。

審査をするには、まず個人情報を
キャッシング会社に知らせなければなりません。
主に、氏名・年齢・家族構成・住所
居住形態・職業・年収などの個人情報に加えて、
他者の金融機関の利用状況などの情報を
キャッシング会社に伝える必要があります。

そしてキャッシング会社はその情報を元に、
個人信用情報機関に問い合わせます。
個人信用情報機関には、CIC・全国銀行協会・JICCなどがあります。

これらの情報機関には、氏名や生年月日などの基本情報の他に、
クレジットカードの情報や、返済履歴・残債額
担保の有無・完済年月・事故日・・・など、
様々な情報が管理されています。

キャッシング会社はこれらの情報を判断材料にして、
貸してもきちんと返済してくれる人物かどうか、
お金にルーズな人物でないかどうかを審査します。

その審査の際に最も重視される項目が、
職業や雇用形態、そして年収です。
これについては次のページで詳しく書いていきたいと思います。